ルミガン

相続した不動産。いつまでに売却すべき?

相続した不動産。いつまでに売却すべき?

 

相続した不動産、売却するなら「いつまで」というベストタイミングがあるのでしょうか?

 

税金との関係から、いつまでに売った方がいい、あるいは売らないほうがいいというタイミングを整理してみました。

 

 

 

相続税が払えない場合は10ヵ月以内に売却

 

 

1つの区切りとして考えられるのが相続税の納付期限です。

 

相続税の申告・納付期限は死亡から10ヵ月です。

 

納付が遅れたときや申告しなかったときは税金が割増されていく仕組みです。

 

 

相続税がかからない人や、預貯金で相続税を払える人には関係ないのですが、
相続税が高額で、不動産を売却しないと支払えないという人は、大至急売却を進めた方がいいです。

 

 

10ヵ月は決して長くありませんよ。

 

  • 遺産がどれだけあるのか調査
  • 相続人がどれだけいるのか確認
  • 遺産の分割協議
  • 不動産の名義変更
  • 仲介業者を探して契約
  • 売却
  • 相続税の申告準備

 

 

これだけのことを死亡から10ヵ月で完了しないといけないんです。

 

遺産の調査だけでもかなり時間がかかります。
分割協議にしても、まず全員が集まることが簡単ではありませんし、協議がすんなりまとまるとは限りません。

 

ましてや売却は少なくとも3か月程度は見ておかなければなりません。

 

 

かなりのハードスケジュールです。

 

 

こちらで相続税の計算方法を説明しています。

 

>>相続税の計算方法をカンタンに説明します!

 

 

自分の場合、相続税が高額になりそうだと思った人は、プロにお願いできるところはお願いしてとにかく早く準備を進めなければなりません。

 

 

相続,不動産,いつまで,売却,タイミング

 

 

 

小規模宅地等の特例を受ける人は10ヵ月以内に売却したらダメ!

 

先ほど、相続税が高額になりそうな人は10ヵ月以内に急いで売却した方がいいと説明しました。

 

 

ただし、

 

小規模宅地等の特例を受ける人は、10ヵ月以内に売却したらダメです。

 

 

>>相続税が節税できる!小規模宅地等の特例ってなに?

 

 

小規模宅地等の特例とは、
自宅として住んでいた不動産などを相続する場合に、本来の土地の評価額から最大80%も減額してもらえる制度です。

 

つまり1億の土地なら2000万円の評価になるというとってもお得な減税制度なんです。

 

 

ただし、相続税の申告期限までその土地を保有していることという条件がつくので、
10ヵ月以内に売却してしまうとせっかくの大きな減税効果がゼロになってしまいます。

 

 

ですから、この特例を受ける人は10ヵ月を過ぎてから売却するようにしてください。

 

相続,不動産,いつまで,売却,タイミング

 

 

売却しないと相続税が払えないという人でも、10ヵ月以内に売却したらダメです。

 

納税が遅れて延滞税を支払う方がまだマシです。

 

 

もちろん、10ヵ月を過ぎたらすぐに売却できるように準備を進めておくのはOKです。

 

 

 

このほかにも、相続税には複雑な減税制度がいろいろあるので、
報酬を支払ってでも税理士に依頼して、節税策を提案してもらうのがかしこいと思います。

 

ただし、税理士といっても得意分野があるので
相続を専門にやっている人にお願いしないと意味がないですよ。

 

こういうサイトを利用すると相続に強い税理士が見つかるので便利です。

 

相続,不動産,いつまで,売却,タイミング

 

 

 

相続税を納めた後に売るなら3年以内がお得

 

 

相続税は納付できたとします。

 

その後、相続不動産を売却するのにベストなタイミングは「3年以内」です。

 

 

不動産を売却して利益を得ると「譲渡所得税」というのがかかります。

 

相続した不動産を、相続税の申告期限(10ヵ月)から3年以内に売却した場合は
譲渡所得税を計算する過程で優遇措置を受けることができるんです。

 

 

譲渡所得税が節税できるんですね。

 

 

>>相続税を納めて譲渡税も納めるの?

 

 

 

 

使わないのに「とりあえずそのまま」は危険

 

 

それ以降は、いつ売却しようと相続税や譲渡所得税には関係ありません。

 

 

ただし、当然ながら年数が経つにつれどんどん売れにくくなるし値段も下がります。

 

固定資産税や維持・管理費もバカになりません。

 

 

使う予定がないのであれば、「とりあえずそのままにしておく」というのはおすすめできません

 

問題を先送りしているだけです。

 

というより、先送りして問題を大きくしてしまうことになります。

 

 

空き家は傷むのが早いものです。

 

屋根や外壁が傷んできたら、住んでいなくても修繕しなければなりません。

 

相続,不動産,いつまで,売却,タイミング

 

 

2015年から空き家対策特別措置法というのができて、空き家をボロボロのまま放置できないようになっています。

 

 

とりあえずそのままにしておいた結果、維持費だけでなく修繕費や解体費に大きな出費がかさむなら、早めに決断して、売れるうちに売ってしまう方がいいに決まってます。

 

 

 

入力1分!あとは自然と売却に向けて動き出す

 

 

いざ売ろうと決断しても、そんなにすぐに売れるものではありません。

 

早くて3か月、場合によっては買い手が見つかるまで何年もかかることもあるんです。

 

 

ですから、とにかく早く行動を起こすことが大事です。

 

まずは、不動産一括査定サイトなどを利用して、信頼できる仲介業者を見つけましょう。

 

 

>>相続不動産の売却を成功させよう!信頼できる仲介業者の見つけ方

 

 

 

 

一括査定の申し込みは1分程度の簡単な入力で済みますよ。

 

 

「後で」と思うとついつい面倒になって忘れてしまうので、これはもう今すぐやってしまった方がいいです。

 

これさえ済ませてしまえば、あとは業者から連絡が来て、自然と売却に向けて動き出しますから。

 

売却の成功をお祈りしています!