ルミガン

抵当権がついた不動産を相続したら?

抵当権がついた不動産を相続したら?

 

親の不動産を相続することになったけど、まだ住宅ローンが残っていて抵当権がついたままということがあります。

 

この場合、不動産はもらうけど残りのローンは知らんぷり、ということはできません。

 

 

「資産と負債はセットで相続」が大原則なんです。

 

 

 

残債があるなら相続放棄した方がいい?

 

 

負債が住宅ローンだけなら、そんなに心配はいりません。

 

住宅ローンを組むときは、通常「団体信用生命保険(団信)」に入りますよね。
ローンを返し終わる前に亡くなってしまった場合は残りのローンがチャラになるというものです。

 

ですから、銀行に連絡すれば大丈夫です。
団信に入っていれば残債はなくなります。

 

抵当権,不動産,相続,放棄

 

 

団信に入っていなかった場合は、住宅ローンの残債もセットで相続しなければならないので、残債がいくらで、不動産には現在どれくらいの価値があるのかを調べて、相続するかどうか早めに検討する必要があります。

 

 

場合によっては、相続放棄した方がいいかもしれないからです。

 

 

>>相続する不動産にどれくらいの価値があるのか簡単に知る方法はこちら

 

 

 

 

他にも負債はない?急いで調べよう

 

 

ついでに言えば、住宅ローン以外にも負債がないかどうか、よく調べておく必要があります。

 

家族に内緒で借金をしていなかったか。
連帯保証人になっていなかったかなど。。。

 

 

連帯保証人の立場も負債として相続されるので要注意です。

 

 

 

相続する資産と負債の確認はなるべく早くしておかないといけません。

 

なぜなら、相続放棄をするにはタイムリミットがあるからです。

 

 

 

 

相続放棄のタイムリミットは3ヵ月

 

 

相続放棄の申し立てができるのは、相続の開始があったことを知ったとき(親が亡くなったとき)から3ヵ月以内。

 

3ヵ月なんてあっという間です。

 

 

ただし、何も知らずに相続して、後になってから故人が家族に内緒で多額の借金をしていたことがわかったというような場合は、3ヵ月を過ぎていても家庭裁判所で相続放棄が認められることもあります。

 

でも、訴訟手続きが煩雑なうえに、相続放棄を認められない場合もあるので、やはり早めに資産と負債の確認をしておくに越したことはありません。

 

 

 

 

絶対にマイナスにはならない「限定承認」という相続方法もある

 

 

とはいえ、すべての資産と負債を調べるのに時間がかかる場合もあります。

 

特に、不動産はどれくらいの資産価値があるのか、すぐにはわかりません。

 

 

「資産もある程度あるが負債もたくさんありそう」
「時間をかけてきちんと調べて検討したい」という場合は、
相続放棄ではなく「限定承認」という方法があります。

 

 

相続放棄はプラスもマイナスもすべて放棄するものです。

 

 

それに対して限定承認はプラスの財産の範囲でマイナスの財産を引き継ぐものです。

 

つまり借金がたくさんあったとしてもプラスマイナスゼロの範囲までに限定できるんです。

 

抵当権,不動産,相続,放棄

 

 

限定承認のタイムリミットは相続放棄の場合と同じで3ヵ月です。

 

3ヵ月以内に家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

 

 

 

 

利用者は少ない!?限定承認のデメリットとは

 

 

限定承認を利用すれば、プラスの財産は相続でき、負債があったとしてもプラスマイナスゼロを下回ることはないのだから、とりあえず申し立てをしておいて損はないように感じます。

 

しかし、限定承認は実はほとんど利用されていないんです。

 

 

その理由は次のようなデメリットがあるから。

 

 

1.相続人全員で行わなければならない

 

相続放棄は相続人ごとに単独でできますが、限定承認は相続人全員がしなければなりません。
相続人を全員探したり、意見をまとめるのに時間がかかりタイムリミットに間に合わないということもあります。

 

 

2.不動産の相続には譲渡税が課される

 

限定承認を利用すると「みなし譲渡所得税」というのが適用されます。
これは、相続する財産のなかに不動産がある場合にデメリットとなります。

 

通常、不動産を売却して利益を得ると譲渡税を課されますよね。
これと同じような仕組みです。

 

どういうことかというと、不動産を相続した場合、故人から相続人に時価で不動産を売却したとみなして、売却益に譲渡税が課されるんです。
実際には相続しただけで、売買があったわけではありませんが、売買があったとみなすのです。

 

譲渡税が課されるといっても故人に税金を納めてもらうことはできませんから、譲渡税分は負債として相続人が相続することになります。
その分、相続するマイナスの財産が増えるということです。

 

 

3.手続きが煩雑

 

相続放棄にくらべて限定承認の手続きは非常に煩雑で面倒です。
財産ひとつ処分するのにもいちいち手続きが必要になります。

 

 

 

 

相続するべきか、放棄するべきか、それとも限定承認を利用した方がいいのか。。。
検討するためには資産と負債の額を把握しておかないと話が前に進みません。

 

相続する資産と負債の額を把握する方法は、こちらの記事で説明しています。

 

 

 

>>【遺産相続】資産の額と負債の額を調べる方法