ルミガン

経験談を集めました!相続不動産の売却は成功?失敗?

経験談を集めました!相続不動産の売却は成功?失敗?

 

相続した不動産。

 

売却に向けて動き出す前に、成功例・失敗例を見ておけば、注意すべきポイントもよくわかってスムーズに進めることができますよね。

 

ここでは、相続した不動産を売却した人の経験談を集めました。

 

 

田舎の実家を相続しました。

 

一部農地も含めてかなり広い土地・建物だったのですが、建物はもう築100年近くのシロモノですし、今さら田舎に帰ってそこに住むつもりもないので、思い切って売却することにしました。

 

伯父・伯母など親戚から反対されることは覚悟していました。
ところが、遠方に住みながら維持・管理していくのは現実的ではないことをみんな理解してくれて、これといった反対の声もあがらずホッとしました。

 

 

自分は東京に住んでいるため、全国展開している大手不動産会社に依頼した方がいいのかとも思ったのですが、農地が絡んでいるため地元の会社を選びました。

 

一応、不動産一括サイトも利用して相場を調べたところ、地元の会社が出した査定価格とそれほど変わりありませんでした。

 

 

売却を正式に依頼してからは、定期的にメールや電話で状況を連絡してくれたので助かりました。
遠方のためコミュニケーションの面で不安があったのですが、最初にきちんとお願いしておけば、あとは離れていてもなんとかなるものですね。

 

農業委員会との連絡なども手伝ってもらえたので、やはりその点は手馴れた地元の業者に頼んでよかったと思います。

 

 

査定価格より少し値段を下げて、結局1年くらいかかって売却できました。
田舎暮らしをしたいといって、畑付きの古い物件を探していた若い夫婦が購入してくれました。

 

築100年の建物なのに建て直すのではなく、そのまま住むというので少々驚きました。
でも、若い人にはその古い感じが良いのだそうです。

 

 

当初は、自分が生まれ育った家を手放すことに少し罪悪感を感じていました。
でも、住まないのに持ち続けていても手入れが行き届かずボロボロの廃屋になっていたと思います。
思い出のつまった家が廃屋になってしまうより、新しい家族に住んでもらえて、結果的には良かったと思います。

 

田舎の物件ですから広いと言っても大した金額にはなりません。
相続税も、我が家は関係ありませんでした。

 

賃貸アパートを経営していた母がなくなり、長女のわたしと妹で相続することになりました。
遺産はアパート1棟と貯金500万円ほど。

 

わたしはアパートを売却して売却代金を等分にわけたかったのですが、
妹はせっかく収益があがっているアパートなのだから売るのはもったいないといい、話は平行線。

 

相続税の申告期限が迫っていたので、とりあえずアパートは2人の共有名義にすることにしました。

 

今思えばこれが大失敗。

 

 

わたしは遠方に住んでいるためアパート経営に関わることができず、すべて妹に任せていました。
ところが妹も経営のノウハウを全く知らないので、修繕費など出費ばかりがかさんで完全に赤字に。

 

相談なく修繕したのに経費の半分をわたしに請求してきたりといったことが積み重なり、わたしもガマンできなくなってもう売却しようということになりました。

 

わたしは早く手放して現金を得たいので、値引きしてでも売却したいのですが、妹は値引きに応じません。
その結果、2年以上経った今でも売却できていない状態です。

 

 

よく不動産を共有名義にしてはいけないと言われますが、ここまで大変なことになるとは思っていませんでした。

 

最初に、妹が売却に反対した時点で、不動産は妹の名義にし、わたしは妹から分割でもいいのでお金をもらうという風にしておけばよかったと後悔しています。

 

母親が亡くなり、3姉妹で実家を相続することになりました。
3人とも結婚して自分達の家があるので、実家は売却しようということで意見が一致。

 

わたしたち姉妹が小学生の頃、父親がお金をかけてこだわって建てた自慢の家ではあったのですが、築20年以上の家は建物としての価値はほとんどないと聞いていたので、そういうものかなと金額についてはあまり期待していませんでした。

 

ただ、妹が以前マンションを売却して住み替えをしたときに、不動産一括査定サイトを利用して高く売れたという話をしていたので、念のためそうしたサイトを利用して複数の不動産会社に査定してもらうことにしました。

 

すると、査定を受けた5社のうち、1社だけ高い金額をつけてくれた会社がありました。

 

なぜその金額なのか聞いてみると、
「築20年以上でも、この家はつくりが非常にしっかりしていて状態もいい。
中古住宅として十分売れると思うから」
と言ってくれたんです。

 

 

他社はみな築20年の物件は「古家付き土地」という扱いになると言っていたので、父がこだわって建てた家の価値をきちんと評価してくれたこの会社にとても好感を持ちました。

 

3人とも同じ意見で、この会社に仲介を依頼することにしました。

 

 

結局、ほぼ査定額に近い金額で売ることができ大満足です。

 

売れるまでの期間も3ヵ月程度で、早い方だといわれました。

 

相続税は納める必要がありましたが、数十万と、それほど大きな額ではなかったので、売却を急ぐ必要もありませんでした。

 

 

>>信頼できる仲介業者の見つけ方