ルミガン

相続した不動産の売却。一般媒介or専任媒介?

相続した不動産の売却。一般媒介or専任媒介?

 

仲介業者に不動産の売却の仲介をお願いするときには、媒介契約を結びます。
仲介契約には次の3種類があります。

 

・専属専任媒介

 

・専任媒介

 

・一般媒介

 

 

どの媒介契約にすればよいかで悩む人も多いようです。

 

 

 

媒介契約は3種類。何がちがうの?

 

 

それぞれの媒介契約の特徴は次のとおり。

 

 

一般媒介

専任媒介

専属専任媒介

契約期間

なし

3ヵ月以内

3ヵ月以内

自己発見取引
(自分で買主を探してくること)

OK

OK

できない

売主への報告義務

なし

2週間に1回以上

1週間に1回以上

レインズへの登録義務

なし

7日以内に登録

5日以内に登録

 

 

専属専任媒介と専任媒介はほとんど同じなので、
専任契約と一般契約についてメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

 

 

一般契約?専任契約? メリット・デメリットを比較

 

 

専任のメリット・デメリット

 

 

一般媒介

専任媒介

メリット
  • 複数の会社に仲介を依頼できるので買い手の幅が広がる

 

  • レインズに登録しなくていいのでこっそり売却できる

 

  • 仲介業者から売主への報告義務があるので販売状況を把握しやすい

 

  • 広告費をかけて積極的な販売活動をおこなってもらいやすい
デメリット
  • 報告義務がないので仲介業者がどのように販売活動をしているかわからない

 

  • 必ず自社で売却できるとは限らないので積極的な販売活動をしない場合もある
  • その仲介業者に販売力がない場合は売れない

 

 

レインズって何?

 

レインズというのは不動産流通標準情報システムのことで、
売主から売却依頼を受けた不動産会社はレインズにその不動産情報を登録します。

 

一方、購入を希望する買主は、不動産会社に依頼してレインズで物件の検索をしてもらいます。

 

 

どうしても登録したくないというケース以外は基本的にレインズに登録することになります。

 

 

レインズ登録さえすれば日本中の業者の目に留まるので、
一般媒介のメリット「買い手の幅が広がる」というのは昨今はあてはまらないかもしれません。

 

 

 

こういう場合は専任媒介契約にしよう!

 

 

どちらにもメリット・デメリットがあり、専任と一般どちらがいいと言い切れるものではありません。

 

 

専任の方が力を入れてもらいやすいように感じますが、力量のない仲介業者と専任契約を結んでしまった場合は最悪です。

 

3ヵ月たったら専任契約を終了させた方がいいでしょう。

 

 

逆に、力量のある仲介業者ならぜひ専任契約で依頼してください。

 

ここでいう力量とは「その物件を売る力」のこと。

 

その物件を売る力をもった会社が、積極的に販売活動をしてくれれば、早く、あるいは高く売ることができ、満足いく結果になるでしょう。

 

一般媒介,専任媒介,メリット,デメリット,比較

 

 

力量のある仲介業者かどうかを見分ける方法はこちらの記事で。

 

 

>>相続不動産の売却を成功させよう!信頼できる仲介業者の見つけ方

 

 

 

こちらの記事を参考に比較して、
「ここはしっかり売ってくれそう」という仲介業者に出会ったら、専任契約でお願いするといいですよ。

 

 

そういう仲介業者に出会えなかった場合はとりあえず一般契約にしておくのが無難。

 

このほか、近所の人に知られずこっそり売却したいという場合も、一般契約にしたうえでレインズに登録しないようにお願いしておくといいですよ。