相続 不動産 売却 税金

遺産分割協議書の書き方

 

遺産分割協議書は、特に決まった形式はありません。
必要な内容が記載されていれば、手書きでもワープロ打ちでも大丈夫です。

 

いくつかサンプルとして記載例を載せておくので、
自分の相続のケースと似たものがあれば少し手直しして利用してください。

 

 

 

 

基本的な記載例

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

 

>>Word文書をダウンロード

 

不動産の住所は登記されてるとおり正確に書くこと

法務局に登記されているとおりの住所を書きます。

 

田舎の方だと正式な住所には、普段は使わない字(あざ)名が入っていたりします。
地番も「1−3」などと省略せずに登記された情報のとおりに書きます。

 

不動産登記情報や全部事項証明書(登記簿謄本)を見ながら書くのがよいでしょう。

 

>>不動産登記情報をネットで確認する方法

 

 

後日新たな遺産が判明した場合の取り扱いも記載しておく

後日新たな遺産が出てきた場合どうするのかも決めておきます。
上記記載例3のような書き方のほか、次のような書き方でもかまいません。

 

本協議書に記載なき遺産および後日判明した遺産は、相続人全員がその財産について再度協議を行うこととする。

 

 

実印を押印する

印鑑は実印を使用します。
実印というのは市町村役場に印鑑登録を済ませた印鑑のことです。

 

わざわざ高価な印鑑を作る必要はありません。
500円くらいの印鑑でも印鑑登録の手続きをすればそれが実印になります。

 

 

複数ページになるときは割り印・契印も

遺産の数が多かったり、相続人の数が多くて2ページ以上になってしまう場合は、
割印を押します。

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

 

 

ホッチキスでとじたあと、ページ見開きの部分に押印する方法もあります。
契印といって、こんな感じでずべてのページの見開きに押します。

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

 

 

住所と氏名だけは相続人本人が各自手書きすること

ワープロ打ちの場合でも、相続人の住所・氏名だけは本人の自筆にします。
遺産分割協議書は相続人の数だけ同じものを作りますから、それぞれに住所・氏名を手書きします。

 

なお、相続登記の際は遺産分割協議書の原本を提出しなければなりませんが、コピーも一緒に提出すれば原本は返してもらえます。

 

 

 

遺産の中に負債がある場合の記載例

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

 

>>Word文書をダウンロード

 

資産、負債の順に記載すること

まず資産の分割方法を記載した後、負債の分割方法を記載します。

 

 

不動産をもらう代わりにお金を渡す。代償分割をおこなう場合の記載例

 

代償分割とは、遺産をきれいに分けられないときに、相続人間のお金のやりとりで解決する方法です。

 

たとえば、遺産が自宅不動産しかなくて兄弟で分けられないため、
長男が不動産をもらうかわりに長男から次男へ1000万を支払うといった分け方です。

 

長男から次男への贈与になり贈与税がかかるのでは?と心配する人がいますが
代償分割であることを遺産分割協議書に記載しておけば、贈与とはみなされません。

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

 

>>Word文書をダウンロード

 

内容と支払期限を書くこと

単に代償分割にするというだけではなく、いつまでに、いくら支払うのかも設定しておきます。

 

 

不動産を売った後、売却益を分割する場合の記載例

 

遺産に不動産があるけど誰も使う予定がないという場合、
早めに売却してそのお金を相続人で分割して相続するということもあります。

 

不動産が故人の名義になったままでは売却できませんから、相続登記をして名義を書き換える必要があります。

 

でも、相続人が3人いたとして3人の共有名義に書き換えてしまうと、
売却する際にいちいち3人全員が集まらないといけなくなり、大変です。

 

 

そこで、とりあえず代表者1人の名義に書き換え、
売った後に売却益を3等分するという方法をとることがあります。

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

 

>>Word文書をダウンロード

 

経費を差し引いた残りを分割することを明記する

売却代金を分割するのではなく、必要経費を差し引いた売却益を分割することを明記します。

 

 

遺産分割協議書がいらないケース

 

相続によって不動産の名義を書き換える(相続登記する)場合は、基本的に遺産分割協議書が必要となります。

 

ただし、遺産分割協議書が不要なケースもあります。

 

遺産分割協議書がいらないケース

 

遺言書がある場合

法的に有効な遺言書によって遺産分割の方法が指定されている場合に限られます。

 

法定相続人が一人の場合

他の相続人全員が相続放棄をした結果、相続人が1人になった場合も同様です。

 

法定相続の持ち分どおりに分割する場合

現金と不動産を子供3人で分割する際に、現金を3分の1ずつ、不動産は3人の共有名義で登記するなど、
法定の持ち分どおりに分割する場合です。

 

 

ただ、不動産を共有名義で登記するのは絶対に後で困ることになるため、極力避けるべきです。
上記の記載例のように登記は1人の名義にして代償分割を利用しましょう。

 

 

>>相続人が3人いる。どう登記して、どう売却するの?

 

 

 

おすすめの不動産査定サイト

 

遺産の中に不動産がある場合は、その価値がわからないと皆が納得するように分割することができません。

 

遺産分割の話し合いをする前に、査定を受けておおまかな実勢価格を把握しておきましょう。

 

 

不動産会社の営業マンにわざわざ査定に来てもらわなくても、今はネットで簡単に査定価格を出してもらえる時代です。

 

いずれも査定は無料。
1分程度の簡単な入力で済むので、今すぐ調べておいては?

 

 

おおまかな不動産の価値(実勢価格)を知っておきたい人向け

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

イエイ

 

まだ売却を決めたわけではないけど、おおまかな不動産の価値(実勢価格)を知っておきたいという人にはこちらがオススメ。

 

「お断り連絡代行サービス」があるので、査定依頼をしたあと不動産会社からしつこく営業されるとイヤだなあ・・・って不安な人には最適です。

 

「机上査定」を選んでおけば、過去のデータから査定額を割り出して電話やメールで教えてもらえます。
不動産会社の営業マンが訪ねてくることもないのでお手軽ですね。

 

提携業者は1000社。
評判の悪い会社やクレームの多い不動産会社は排除されていく仕組みです。

 

お手軽さ

信頼度

提携業者数

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!


 

田舎の不動産を売却したい人向け

 

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

イエウール

 

「日本全国のすべての不動産の売却が可能です」とうたっているだけあって、参画している不動産会社はなんと1200社以上!
業界最大級です。

 

都市部の物件だけに限定した不動産査定サイトが多い中で、田舎の物件でも対応してもらえるのはありがたいです。

 

「机上査定」を選べば電話で査定額を教えてもらえます。(連絡希望曜日と時間帯を指定できます)

 

お手軽さ

信頼度

提携業者数

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!

相続した不動産を売却したい!流れと税金のこと教えて!