ルミガン

相続する資産の額と負債の額を調べる方法

【遺産相続】資産の額と負債の額を調べる方法

 

遺産をどのように分割するか話し合うためには、
遺産がどれくらいあるのか把握しておかないと始まりませんよね。

 

どんな遺産があって、総額でどれくらいの価値があるのか、調べないといけないんです。

 

相続,資産,負債,調べる方法

 

 

相続財産の調査は、お葬式などのバタバタがひと段落ついたらなるべく早くとりかかることです。

 

なぜなら、相続放棄できるタイムリミットが死亡からたったの3か月しかないから。

 

 

相続財産を調べてみたら、いっぱい借金がでてきた!なんてこともありえますよね。
自宅の不動産をもらえると喜んでいたら、住宅ローンがたくさん残っていたなんてことも。

 

 

>>抵当権がついた不動産を相続したら?

 

 

でも、相続財産の調査には結構手間がかかります。

 

資産や負債をひとまとめに管理しているところなんてないので、
1つ1つ調べていかないといけないんです。

 

 

 

 

大きな借金はない?故人の「負債」を調べる方法

 

1.借金を調べる方法

 

亡くなった親の借金は個人信用調査をすればわかります。

 

法定相続人であれば、次の機関に情報開示の申し込みをすれば借金の状況を調べることができます。

 

全国銀行協会  http://www.zenginkyo.or.jp/

 

CIC  http://www.cic.co.jp/

 

JICC  https://www.jicc.co.jp/

 

 

 

情報開示は郵送でもできます。

 

3つの機関で重複している情報もあるけど、一応全部調べておいた方が安心ですね。

 

 

 

2.住宅ローンが残っていないか調べる方法

 

住宅ローンがまだ完済されていないなら、不動産に銀行の抵当権が設定されているはず。

 

抵当権がついているかどうかは、法務局に行って登記情報を見ればわかります。

 

 

登記情報はネットでも見ることができますよ。

 

登記情報の確認方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

>>権利書がなくても相続できる?不動産の名義を確かめる方法は?

 

 

 

1の方法で個人信用調査をしたときにも、住宅ローンの残債があればその情報がでてきます。

 

ただ、個人信用調査では、どの不動産に抵当権がついているかまではわからないので、登記情報もチェックしておいた方がいいです。

 

 

なお、親が住宅ローンを借りる際に団信に入っていた場合は、親の死亡によってローン残債がチャラになるはずなので、銀行に確認してみましょう。

 

 

 

3.連帯保証人になっていないか調べる方法

 

問題なのは連帯保証人になっていたときです。

 

意外かもしれませんが「連帯保証人の立場」というのも相続されるんです。

 

相続,資産,負債,調べる方法

 

でも、連帯保証人になっても個人信用情報に何か記録されるというわけではないので、調べる方法がないんですよね。。。

 

 

生前にそのような話をしていたのを聞いたことがあるとか、
親族や親しい人が事業をしていて連帯保証人になっている可能性があるという場合は、
相続放棄や限定承認を利用した方が無難かもしれません。

 

 

>>相続放棄・限定承認について詳しくはこちら

 

 

 

貯金・株・不動産は?故人の資産を調べる方法

 

1.貯金や証券を調べる方法

 

相続,資産,負債,調べる方法

 

預貯金や証券については、銀行や証券会社に行って親が亡くなったことを説明し、残高証明書を発行してもらいます。

 

このとき問題になるのがどの銀行・証券会社に口座を持っていたかということです。

 

もちろん取引のあった銀行・証券会社に行かなければ意味がないんですが、日本中に銀行や証券会社はたくさんあるわけで。。。

 

 

親と同居していた場合は、どこの銀行を使っていたかだいたい把握していると思いますが、離れて暮らしていた場合はわかりませんよね。

 

何か手がかりになるものを探してみましょう。

 

・通帳やキャッシュカードがないか

 

・何か書類が残っていないか

 

・郵便物は来てなかったか

 

・銀行名が入ったカレンダーやボールペンなどの記念品はないか

 

 

複数の口座を持っているかもしれないので、可能性のあるところはとりあえず全部問い合わせてみましょう。

 

 

 

2.所有していた不動産を調べる方法

 

不動産については、毎年送られてくる固定資産税の納税通知書が手がかりになります。

 

納税通知書が見つからない場合は、市町村役場に行くと調べてもらうことができますよ。

 

市町村役場でもらう書類は次の2点です。

 

・名寄帳

 

・固定資産評価証明書

 

 

ただし、自宅以外にもいくつも不動産を持っていた場合は注意が必要です。

 

市町村役場で把握しているのはその市町村にある不動産だけで
ほかの市町村に所有していた不動産のことはわからないんです。

 

納税通知書を探したり、他の親族に聞いてみるなどして、どの市町村に不動産があるのか調べる必要があります。

 

相続,資産,負債,調べる方法

 

 

市町村役場で書類をもらったら、次はそれを持って法務局へ行きます。

 

法務局ではそれぞれの不動産の登記情報を調べます。

 

 

父親が所有して固定資産税も払っていたが、登記上は祖父名義のままだったとか、銀行の抵当権がついてるとかいうことはここでわかります。

 

 

 

3.不動産の価値を調べる方法

 

不動産の価値は、市役所でもらった固定資産評価証明書に評価額が記載されているので、
一応それを参考にすることができます。

 

でも、固定資産の評価額は実際の価値とはかなり乖離していると思っておいた方がいいです。

 

 

実際の価値、つまりいま売りに出したらいくらくらいで売れそうかという「実勢価格」が知りたいなら、不動産会社に一度査定してもらうといいですよ。

 

不動産を査定してもらうというと、何だか大げさなことのように感じるかもしれませんが、実はすっごく簡単なことなんです。

 

 

おおまかな価格を簡単に知りたいというだけなら、
いちいち営業マンに来てもらうこともなくネットで簡単に調べることができます。
しかも無料で。

 

 

>>おおまかな不動産の価値(実勢価格)を知っておきたい人はこちら